少ない人数でもきちんと葬儀を行おう|家族葬で故人を偲ぶ

線香

故人の遺品

作業員

高齢化と遺品の整理

高齢化が進む日本では、高齢者の賃貸物件の契約が難しいと言われています。それは、万が一死亡した場合の家賃返済のリスクであったり、保証人となる人がいないことが原因です。孤独死が増加している中で、故人の葬儀や遺品整理をおこなう身内がいないことも問題となっています。賃貸物件に住んでいた高齢者が孤独死してしまった場合、親族との連絡がつかないと部屋の遺品整理は大家がすることになってしまいます。福岡にはたくさんの遺品整理業者が存在しています。業者に依頼される内容の大半が高齢者に関わる遺品整理です。孤独死の場合、発見が遅れてしまうことが多く室内の臭いや汚れは想像を超えるものがあります。福岡の遺品整理業者は故人への供養を忘れずに作業をおこなっています。

遺言状の活用

高齢になり万が一死亡した場合に遺品の整理を頼める親族や知人がいないという人の中には、少しずつ身辺整理をしているという人も少なくありません。最小限のもので生活をし、価値のあるものに関しては一ヵ所にまとめておくなどの工夫がみられます。また、家族や親族がいる人でも遺言状という形で死亡後について希望を伝えることができます。遺言状というと遺産の分配というイメージがありますが、ほかにも葬儀の方法や遺品の処分について書き記すことができます。残された遺族に迷惑や負担をかけないようにという思いから、死後の後片付けを示す人が増えています。遺品整理をつらく感じる遺族は少なくありません。福岡には遺言状の作成や遺品整理に関わる士業や業者がたくさんあります。インターネットを利用すると福岡のさまざまな情報集めがスムーズです。