少ない人数でもきちんと葬儀を行おう|家族葬で故人を偲ぶ

線香

信頼出来る業者を探そう

箱

事前に確認すること

遺品整理を行うのは、葬儀が終わった後が一般的です。遺品整理を行う際には、様々な手続きを済ませておくようにすることが大切です。また手続きのためには、印鑑や通帳、年金手帳、不動産の権利書などの重要書類が必要となる可能性があります。遺品整理を行うか否かに関わらず、誰もいない住宅には残さないようにしましょう。やむを得ず、貴重品を残して遺品整理を依頼する必要があった場合や作業中に貴重品などが見つかったという場合の対応について、しっかりと業者と確認することが大切になります。通常は、勝手に処分するということはありませんが、作業中に紛失してしまう可能性もあります。そのため、あらかじめ別途保管しておくように依頼するようにしましょう。

不要品の処分法

遺品整理の際に出た不要品の処分料として追加料金が必要となることがあります。場合によっては、引き取った品物を転売しているケースも少なくはありません。そのような場合には、遺品の買取を行っているショップなどに相談することをおすすめします。貴金属はもちろん、着物や各種家具などの買取を行っているところも多いので、問合せてみると良いでしょう。不要品の数が多く、店舗に運んでいることが難しいという場合には、出張買取などに対応しているところを選ぶと良いでしょう。買取価格については、売りたい物やその物の状態により異なります。可能であれば、綺麗にクリーニングをしておくようにすると高値での買取となることも少なくはありません。