少ない人数でもきちんと葬儀を行おう|家族葬で故人を偲ぶ

葬儀場

コンテンツ一覧

信頼出来る業者を探そう

箱

遺品整理で出た不要品の処分方法や大きく2つに分けることが出来ます。それが業者に依頼する方法と、個人で処分するという方法です。どちらにもメリット・デメリットがありますので、確認するようにすると良いでしょう。

詳細を確認する

故人の遺品を整理する

お墓

遺品整理を依頼する人が増えている背景には、高齢化や少子化に関わる問題が潜んでします。遺品整理が難しいといった場合には、故人の遺品の整理から不用品の処分をおこなってくれる業者があります。神戸で遺品整理業者を探す場合は、インターネット検索が便利です。

詳細を確認する

どれぐらいの規模になるか

数珠

会葬者はどれぐらいか

葬儀者に依頼をしたときに担当者が知りたがるのは、会葬者の人数です。会葬者数によって通夜振る舞いや会葬礼状、返礼品や最近増えている香典の即日返しなどの数が決まってくるからです。会葬者が多ければ広めの葬儀会場を押さえておかなければならないし、それに合わせて祭壇の大きさや花の数なども変わってきて、自然に大きな葬儀になってきます。費用の面では葬儀での出費は増えていきますがその分、香典の金額も葬儀の大きさに比例して多くなってきますので、負担が飛躍的に大きくなることはありません。大阪でも会葬者の人数の把握に困っている人がいます。冷静になってよく考え、会葬者の大体の人数の把握をすることも大切になってきます。それが出費の低減にもつながってきます。

会葬者の人数に性差はない

葬儀業者は会葬者の人数の予想をするときに現役かどうか、高齢かどうか、夫婦のうち後か先かなどを材料にしています。大阪の業者もこれらのことで会葬者の人数の予想を行なっています。以前は高齢夫婦の性別による会葬者の数の違いがあったようですが、最近は女性もサークル活動やボランテイア活動によって交流が広がってきているため性別による会葬者の数の違いは大きくなってはいません。大阪の方でも性別による会葬者の数の変化は少なくなっていて、逆に女性の人の葬儀が会葬者が多いことも大阪ではよくあるケースになっています。最近多くなってきているのは身内だけで行ないたいという、家族が多くなってきていることです。故人が高齢なほどこの傾向が強くなっています。そのため、現在では家族葬を行なうところも増えてきています。業者では家族葬も行なっているため、希望する遺族の方は一度相談してみるとよいでしょう。

故人の遺品

作業員

万が一に備えて少しずつ身の回りの物を整理して最小限のもので生活しようと考える人が増えています。死亡したときに遺品整理をおこなう負担を軽くしたいという気持ちがみられます。遺言状に自身の葬儀の方法や遺品の整理に関する内容を残すこともできます。福岡には遺品整理をおこなう業者がたくさんあります。

詳細を確認する